1 月 16

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

2001年に初めてカナダに来て、途中でビザの関係などで日本に戻った期間を除くとかれこれ9年程カナダに住みました。大人(20歳ぐらい?)になってからの時間はすでに全然カナダのほうが長くなっていることになります。

12年前、とあるITベンチャー企業にてソフトウェア開発の仕事をしていた僕は、楽しく有意義に仕事をしていた反面、疲れ果てていました。月100時間を超える残業、頑張れば頑張るほどより一層与えられる仕事、あまり社交的ではなかった自分は人間関係もうまく築けない局面もあり・・・。カナダという国に来たのはのんびりあまりハードでない仕事をし、たまに旅行をしたりスノーボードをしたり、昼間っから酒を飲んだり、そんな気楽でマイペースな生活ができたらなぁという思いからでした。

10年以上経って今の状況を考えてみると、まさにその時の自分が求めていた生活を自分ができていることに気付きました。

ここ2年の間働いているITコンサルティングファームの仕事は北米の大企業のクライアント相手の大きなプロジェクトが多く、とてもやりがいがあり面白い仕事であると同時に、過去2年間で10時間程度しか残業をしておらずむしろ定時前に帰れることが多い割にそれなりに高い報酬を得ることができ、比較的自由に休暇も取れ、10年前の自分からすればまさに理想的な仕事なのだと思います。

そして同僚たちもやるべきことはやるがそれ以上はやらず、家族や自分の時間を大事にし、とても有意義で充実した生活を過ごしていると思います。このあたりはいわゆるカナダ的価値観で良しとされているところだと思います。そして僕はそれが好きでこの10年間カナダで過ごしてきたと思っています。

しかし、ここにきてそれが少し物足りなくなってきました。

確かに10年前に求めていたものは今ここに手にしていて、それはとても素晴らしいものだと思っています。

しかし、いつの頃か、

「10年前に求めていたものは今求めているものと違うのではないか」

そう思うようになりました。

また、僕はカナダ生まれでもなくカナダのカレッジを出ているわけでもないため、大きなプロジェクトでマネージメントのポジションに就くことがなかなかできません。会社は勧めてくれてもクライアントが認めてくれなかったりすることもあります。せめて経験があればと思うのですが、その経験を得る機会を得ることがなかなか難しいわけです。

カナダの大学に行くかな・・・。そしてIT Managementを学んでDegreeを取ってみるか。そんなこともちょっと考えていました。

しかしそんなタイミングで、縁があり東南アジアのとある日系企業からIT部門のマネージャーのポジションのオファーをもらいました。

過去の僕の人生におけるいくつかの局面での「直観」について前回の記事で書きましたが、ここでまたそれが働きました。「この仕事をやりたい!」と思いました。

この企業の社内公用語は日本語と英語で、ここ数年は英語だけだったため自分が本来一番得意である日本語が使えず、それって実は物凄くもったいことだなと考えていました。しかしこの仕事では2つの言葉が有効に使えることになります。

そして前回も話したSteve Jobsの”Connecting dots”の話ですが、今回まさに僕がたどってきたそれぞれの点が全てつながることになったのではないかと思っています。

ということで、2月よりバンコクにて新しい仕事を始めることになりました。ITマネジメントの経験を積んでいずれはカナダに戻りますが、しばらくの間さようならカナダ・・・。

アパートの引き払いや車の売却、自分の会社の税務処理、自分自身の税務処理などいろいろやることはまだありますが、残り半月で向こうでは決してできなくなるスノーボードを行けるだけ行きたいと思うので、滑りに行く際はぜひ誘ってください!


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!