12 月 29

またまたすっごく久しぶりの更新ですね。。。

今まで、結構自分の「直感」に従って生きてきました。僕は多分たいした能力のない人間だと思うのですが、こんな適当な生き方で(例えばレイオフになって失業手当で遊んで暮らせると喜んだり、仕事が暇だけど有給が残ってないからといって会社を休職して2ヶ月旅に出たり)何とかやってこれているのは、直感に従った結果うまく世の中の流れに乗れている部分があるからなのではないかと思っています。

今回ちょっと皆さんに伝えたい事があり、そのためにこの「直感」についてお話したいと思いました。

第1の直感:

高校3年の時、文系だった僕は普通に大学は文系の学部に進学しようと思っていましたが、「これからはコンピューターだろ」と言う直感が働き、数学の成績がどうしようもなかったため理系への転向は難しく(ていうか勉強も疲れたしw)、コンピュータの専門学校に進学しました。最初はコンピュータグラフィックス(CG)をやりたいとか言っていましたが、全く適性がないことを知りコンピュータプログラミングを専攻しました。

第2の直感:

社会人になって1年がたったとき、当時は商社のシステム部門でWindowsの業務システムの開発に携わっていましたが、「これからはWEBだろ」という直感が働きました。が、上司に相談してもインターネットがやっと普及しだした当時はWEBシステムの開発など新しすぎてやらせてもらえず、それではとWEBの開発を専門にやっていた赤坂のベンチャー企業に転職しました。

第3の直感:

社会人を4年ほど経験した頃、ITの技術文書のほとんどが英語で書かれている事実から、「これからは英語だろ」と言う直感で、そのとき結構がんばって楽しく仕事をしていた会社を辞めてカナダに来ました。まぁ英語の習得以外に好きなスノーボードやってあとは適当にのんびりしたいと言うのもありましたが。ワーキングホリデーという制度を使って来ましたが、一度も働かずにホリデーホリデーで終わりました。

第4の直感:

カナダに来て3日位のとき、「俺はここに住むだろ」という直感が働きました。その後就労ビザを経て永住権を取得しました。

第5の直感:

それから10年、そういう人生の転機となるような直感は現れませんでしたが、今回のアジア旅行でまた感じました。「これからはアジアだろ」とw。これからではなく既にそうなのでしょうが、やっぱりアジアは北米とはエネルギーが違います。アジア面白い!何かアジアでやりたい!と思いました。

ではアジアで何をするか?それは次回また書きます。実はここで今までの直感に従った結果がつながるのです。

スティーブ・ジョブスの”Connecting dots”の話が頭に浮かびます。今やっている無意味に思える一つ一つの事(点:dot)が将来つながるのだ、でもそれはそのときにはわからず後で振り返って始めて気付く。だから将来その点が繋がる事を信じて今やっていることをがんばりましょう、と言うお話です多分。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!