11 月 08

いろいろ考えた結果、結局Nokiaに留まることになりそうです。

まず最初に、他の会社も見てみようと転職活動をしていたのですが、ノキアに残る道もあると思ったのでノキアとの契約をしているエージェントにメールを送りました。内容は簡単に書けば、「ねぇねぇOdette(エージェントの名前)、ノキアさぁ、給料$○○位上げてくれないかな?そしたら僕ノキアに残ってもいいんだけどなぁ。ちなみに僕、今他の会社も探してるからね。」って感じです(もちろん嘘ですwもっとちゃんと書きました)。エージェント相手なのでストレートに行きました。

そしたら彼女は僕のマネージャーにメールを送ってくれました。僕にもCCで送られてたんですが、その内容を見てびっくり。僕の書いた文章がそのまま引用されてるし・・・w

当然マネージャーに呼び出しをくらいます。そこで究極の選択を求められます。

「希望の額の昇給を認めるから、今この場で続けるか辞めるか決めてちょうだい」

一瞬悩んだけど、給料も上がるしとりあえず今就職活動しなくてすむようになるし、ノキアで続けることにしました。

昨日、シンガポールに出張中のマネージャーから夜9時頃に電話がかかってきて、新しいジョブタイトル(役職)をもらいました。”Web & Database Systems Developer”だそうです。Managementの語がなくなっちゃったけど、マネージャーが人事に昇給を認めさせるためにもっと専門性を出したかったということらしいです。

最終的にまだ本社の人事の承認が降りてないので正式決定じゃないですが、多分来年の5月までは今の職場で仕事を続けることで落ち着きそうです。そして、来年2月頃には正社員のオファーが来る予定です。うーんどうなるかな。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


10 月 18

マネージャーの信用を勝ち取ったなんて話をこの前したけど、結局いろいろあってやっぱりノキアは僕にとってベストな環境ではないのではないかと思い、12月初めに契約が切れるということで他の仕事を探し始めました。

早速、火曜日にダウンタウンにあるソフトウェア会社の面接を受けました。しかし結果はX。システム設計の手法とか方法論とか、かなりテクニカルな質問をされて、うまく英語で説明できなかった・・・。かれこれもう5年もカナダに住んでるけど英語はまだまだがんばらなければと再確認。特に日常で使わないような部分は何もしなければ何も伸びないからなぁ・・・。

ただ、今回はノキアにもう少し残るという選択肢もあるので、給料交渉もやってます。環境はベストではなくても6ヶ月よりも1年働いた方がキャリアになるのは間違いないし、ギャラが上がるならやる気も変わる。こんなとき、エージェントを通していると交渉が楽です。自分は何もせず、言いたい事をエージェントに言ってあとは任せて結果を待つだけ。直接交渉してないので会社やマネージャーとの関係も心配無用。

考えてみれば今まで働いた会社はノキアでかれこれ7社目。そろそろ長く落ち着けるポジション見つからないかなぁ・・・。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


10 月 01

前回の記事で仕事を辞めるかもと書いたわけですが、問題は解決しました。

嫌な仕事をやらなければならないことは時としてあるけど、結局いろいろ考えてもしここで自分の意見を通さなかったらこのマネージャーの下で働く以上ずっと同じ環境だろうなと思い、それだったら辞めたほうがましだしクビになってもいい覚悟で思い切って意見してみました。

マネージャーの部屋で、外からの同僚たちの心配そうな視線や同情みたいな視線を感じながら2人で30分ほど白熱した議論を繰り広げました。そしてマネージャーの一言、”OK, mock up what you think is right and show me.”(それじゃ、あなたが正しいと思うものを簡単に作ってみて私に見せてちょうだい)

お、これはチャンス!と思ったので、システム構成図と環境仕様書を久々に気合を入れて集中して書き上げました。

マネージャーにドキュメントを見せて説明を終えると、こう言ってくれました。”I’m not always right, so someone like you who can say no to me is very important. Thank you for giving me a better idea.”(私はいつも正しいわけじゃないから、あなたのように私にNoと言ってくれる人はとても大切。良いアイディアをありがとう。)

ということで、今回の開発プロジェクトを全面的に任せてもらえることになりました。決して大規模なプロジェクトではないけどノキアカナダだけでなくフィンランド本社からも使われることになる重要なシステムなので、すごいチャンスです。マネージャーが最初に言っていたAccessではなく、.Net Framework 3.5という最新の技術を使うことにしたので自分の経験にもなります。マネージャーの信頼も得ることができたし、やっぱり言ってよかったー。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


9 月 30

ノキアでの仕事を始めて4ヶ月が経とうとしていますが、ここに来て仕事のモチベーションを一気に下げる出来事がありました。

その原因はまたまたマネージャーのPatricia。

彼女はソフトウェア開発者ではないんですが、独学である程度の知識を持っていて、MS-ACCESSでデータアプリケーションもどきみたいなものなら作れる人なんです。で、自分がソフトウェア開発の知識を持っていると思っているわけです。そういえば前の会社の上司もそんな感じだったな・・・。

で、今回あるプロジェクトを僕が担当することになったんですが、Patriciaは僕にこう言います。

「このシステムはMS-ACCESSで作ってちょうだい。私のわからないものでは作らないで。」

え?これACCESSで作るの無理があるんじゃ?そもそも僕はWeb Developerとして雇われたはずでACCESSなんてやるつもりはまったくなかったんですけど???最後にACCESSやったの10年前だし・・・正直やりたくねぇなぁ。

ここで僕がノキアに入ったときに同僚たちがしきりにくれたPatriciaと接するためのアドバイスを思い出します。

“Never say no to her” (Noと言うな)
“Never suggest anything” (何も提案するな)

何人もの人がこの同じアドバイスをくれたことを考えると、それに従っておくのが賢そうです。でも、この人と仕事をする以上、やりたくない仕事をずっとやることになるのは辛いなぁ。前任の人たちが辞めていった理由がわかったような気がします。

つづく・・・。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


7 月 11

ノキアでの仕事を始めて1ヶ月がたちました。

最初の1週間はマネージャーがバケーション前で忙しく、やる仕事がないので地下のラボ(フィンランド本社から送られてくる最新携帯のプロトタイプを実験したり設定するとこ)の仕事を手伝っていました。僕はソフトウェアが専門なのでもろハードウェアなこの仕事は結構わからないことばかりだったのですが、そこの人たちがとてもよくしてくれ、楽しい人たちばかりで社内でのいい友達ができました。

2週目はBurnabyのオフィスでWEB開発のトレーニングを受けました。BurnabyオフィスはRichmondオフィスよりも大きく、すぐ近くにとても良い公園もありカフェテリアには水辺のパティオもありメニューも多く、就業時間も30分短く(しかも9時に行っても誰も来てなく、5時前には皆帰ってるしw)、とてもいい環境でした。できればこっちで働きたいなぁと思いつつ、トレーニングを終えてRichmondオフィスに戻りました。

3週目はマネージャーがバケーション中だったのでまたラボでの仕事を手伝いました。一人でやる地味な仕事を与えられたのですが、iPodで好きな音楽を聴きながら楽しく仕事をこなしました。

マネージャーがバケーションから戻った4週目からようやく自分の本来の仕事を始めることができました。WEB開発はかれこれ7~8年はやっているので最初から問題なくこなすことができ、厳しいことで有名なマネージャーに結構気に入られてラッキーって感じです。この調子で契約の切れる6ヵ月後か1年後にパーマネント(正社員)のポジションを得るべくがんばろうと思います。

久しぶりに仕事が楽しいなぁって思えてます。残業嫌いな僕が残業が多いのに(遅くて8時頃)あまりストレスにはなってないのが不思議です。まぁRichmond Hwyを130-140kmで飛ばせば10分後には家に帰れてるってのが楽なのかもしれないけどw。残業代が150%ってのもちょっと嬉しいです。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


7 月 03

前回、マネージャーがバケーション先のハワイから帰ってくるということで、メールで怒られていてややビビり気味だった僕ですが、実際は気にするようなことではありませんでした。

僕がやってしまったミスは、同じチームの同僚から技術的な質問をされて、その解決策を知っていたからそれに答えてしまったことでした。でも僕はトレーニング中のみだったためマネージャーの許可がない限りその返答をする権限はなかったというのです。それを休暇先のハワイからメールのやり取りで知った彼女は僕に注意のメールを送ったわけです。

でも金曜日に直接話をしたとき、「本当はあなたの的確なアドバイスを褒めてあげたかったんだけど、仕事のプロトコルを守ってもらうことのほうが大事だったからああいうメールを送ったのよ。気にしないでね。」と言ってくれて、確かにほかにもいろいろな面で厳しい人だけど、この人ならついていけるなと思いました。

今日から本格的にWEB開発の仕事が始まります。がんばらなくては。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


6 月 27

明日、ハワイで2週間の休暇を取っていた僕のマネージャーが帰ってきます。

僕としては本来の仕事をようやく始められるので嬉しい事なのですが・・・。

実はこのマネージャー、とっても厳しい事で有名らしいんです。この2週間の間、僕はすでにメールで(休か先のハワイでも仕事してますこの人)2回怒られてますw。今までの職場では怒られるような内容ではなかったのでびっくりして、この先この人とやっていけるかなぁと思ってしまったけど、まぁ最初だし僕は気にしないようにするつもりです。

今日帰り際に同僚が言った言葉、”Storms tomorrow, eh?”. 明日は大荒れだなってところでしょうか。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


6 月 17

先週の月曜日からノキアでの仕事が始まりました。

僕の上司になるPatriciaというマネージャーが午前中は忙しいと言う事で、初日は2時に出勤する事になりました。ノキアはこの辺りではVancouver/Burnaby/Richmondにオフィスがありますが、僕の所属はRichmond。ダウンタウンの自宅から車で30分かかるけど、来月からRichmond近くに引っ越す事が決まったのでそしたら通勤時間は12~13分になります。

とりあえず午後に行ってみると、Patriciaは忙しすぎて僕はしばらく放置されます。そんな中Richardという研究室のリーダーがオフィス内をいろいろ案内してくれ、ラボでやってる事とかを一通り説明してくれました。

5時になってそろそろ帰れるのかなと思ったらPatriciaがやっと時間が空いたらしく、そこから僕のこれからのスケジュールを聞かされます。この人、とにかく一方的に喋りまくります。2時間後にようやく開放され、帰宅できました。この週はとりあえずラボで作業のフローを学んで、ラボの人たちと仲良くなって終わった感じです。

そして今日からBurnabyのオフィスで僕の実際の業務となるWEB開発のトレーニングが始まりました。

そこでちょっとデジャブ体験。

Burnaby Fraser Foreshore ParkBurnaby Fraser Foreshore Park多分2年位前かなー。Burnabyを車で走っている時に道に迷い、川沿いにある公園(Burnaby Fraser Foreshore Park)に偶然辿り着きました。ちょうど夕暮れ時で天気も良く気持ちよかったので当時の彼女とKai(一緒に生活していた犬)と一緒に散歩した事を思い出しました。

Nokia Office BurnabyNokia Office BurnabyNokiaのBurnabyオフィスはそのすぐ隣にありました。そういえば散歩してる時にノキアのオフィスが見えて、こんなところに会社があるんだなーなんて言ってたような気がします。

まぁ、そんないわく付き?のオフィスも1週間トレーニングをするだけなんですが、Richmondオフィスよりも新しくて大きくて(400人働いてるらしい)綺麗で、カフェテリアもパティオがあったりして環境がとってもいいんです。Richmondオフィスも川沿いにトレイルがあって決して悪い環境ではないんですが、なんとかしてこっちに残れたらいいのになーと思ったりしてます。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


6 月 03

まず、先々週の金曜に受けたローカルの小さな会社からオファーをもらいました。

小さなWEB開発をこじんまりとやっているようなところで、仕事は楽そうだし人はデベロッパーも社長も受付の人もいい感じだし、オフィスにプールテーブルがあったりスノーボードやキャンプの雑誌が置いてあったりで、とても気に入っていました。

でも、そこからオファーをもらったとたんに、Kodak, Nokia, Just Systems(元は一太郎作ってた日系企業)などの世界的な大企業からカナダローカルのソフトウェア会社まで、一日2件ぐらいのペースで面接の予定が入っていきます。

これはすぐに決めてしまうのはどうかと考え直し、プロベーション(試用期間)の間に面接してもいいかと例の会社の社長に相談しますが答えはもちろんNo。カナダ人の友達に相談したらそんなこと正直に言わなくても普通にやっちゃえばいいといわれたけど、なんか日本人的には筋が通ってない気がしたので正直に言ってみました。それがだめなら返事に1週間待ってくれと頼みますがこれもNo。ということでこの会社はダメになりました。

と言うわけで先週、いろいろなところを受けましたが、金曜日の午前中にコダックで、午後にノキアで面接を受けました。Kodakはあまり手ごたえはなくさっさと帰ってしまったけど、Nokiaは最初にエンジニアとの面接、次にマネージャーとの面接で、なんとその場で採用されちゃいました。しかも来週の火曜(つまり明日)から来てくれと。

あまり期待してなかったし、もっと時間がかかるものと思っていたのでラッキー!ジョブタイトル(役職)は、”Web Development / Project Management Support”だそうです。いくつかのWeb開発チームを抱えているマネージャーのサポート・アドバイザー的な役割です。ちょっと技術寄りのAssistant Managerみたいなものかな?

6ヶ月の契約ということで、給料は日本でSEをやった場合にもらえる額と比べるとちょっと減ってしまうのだけど、携帯シェア世界No.1の国際企業でソフトウェア開発者として働いた事は今後大きな実績になると思うのでがんばってみようと思います。もしうまく行って正社員になれたら給料もベネフィットも凄いだろうしかなりおいしいなー。

カナダに来てジョブハンティングを始めて2ヶ月半、やっと仕事が決まりました。こんなに仕事探しに苦労をしたのはワークパーミットがなかった2004年の時以来かなー。

ちなみに2004年当時のカナダの失業率は10%以上、今は4%未満。今は2004年当時よりも仕事が圧倒的に多いはずだし働けるビザも持っていたのにこんなにかかってしまったのは、きっと最初の英系投資ファンドでの面接で自信喪失してしまったからだと思います。だってぶっちゃけ、あのブリティッシュ英語全然わかんなかったんだもんw。

でもそのおかげで、一ヶ月位かな?しばらく全然仕事探しをしない時期があって、これはそろそろやばいんじゃないかと本気になれたので結局いい結果になったのだと信じてます。自分の英語力でもアクセントさえなければ面接も全然普通にこなせる事がわかったしw。

と言う事で、明日から久々の仕事、そして初体験の完全英語環境でのソフトウェア開発の仕事、がんばってきます!

P.S.

今週土曜に “Thank God Shinichi Finally Got a Job Party!” をやりますw。Potluck&飲み物持参で僕のアパートでやるのでこれる人はぜひぜひ来てください!今のところ21人参加、あと数人が未定です。っていうかそんな入れるのかこの部屋w


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


5 月 24

女の子にではないですよ。もちろん男の子にでもないですw

レジュメをアップデートしてから、毎日2-3件の電話ORメールが会社の人事担当者から来るようになりました。

おかげで、先日に電話インタビューが1件(これは駄目だった)、今朝はW. 8 Aveにあるソフトウェアの会社にインタビューに行ってきました。そして、月曜日に午前と午後で一件ずつインタビューのアポイントメントが入りました。あとはBostonのソフトウェア会社からインタビューのお誘いが来ましたが、勤務地がHalifax(東海岸のカナダの街)だったので断りましたw

今朝のインタビューはかなりうまく行ったと思います。社長と2人の技術者、合わせて3人との面接でしたが、どの人もフレンドリーで楽しい雰囲気で話ができたし(前回のようにブリティッシュじゃなかったからすごく楽だったw)、技術的な質問には完璧に答えられたと思うし、あとは条件のところで双方で折り合いがつけば行けるんじゃないかと思ってます。ただ、小さな会社だったからどれくらいまで出してくれるのかってところかな。ベネフィット(福利厚生?社会保険とか?)が1年働かないと出ないってのも少し気になるところ。

レジュメがこんなに大切だと言う事がもっと早くわかっていれば・・・。いろいろアドバイスをしてくれたエージェントたちに感謝です。でも最近の面接はエージェント通さず直接なのでもし決まったら恩返しができなそう。ま、いいか。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!