1 月 16

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

2001年に初めてカナダに来て、途中でビザの関係などで日本に戻った期間を除くとかれこれ9年程カナダに住みました。大人(20歳ぐらい?)になってからの時間はすでに全然カナダのほうが長くなっていることになります。

12年前、とあるITベンチャー企業にてソフトウェア開発の仕事をしていた僕は、楽しく有意義に仕事をしていた反面、疲れ果てていました。月100時間を超える残業、頑張れば頑張るほどより一層与えられる仕事、あまり社交的ではなかった自分は人間関係もうまく築けない局面もあり・・・。カナダという国に来たのはのんびりあまりハードでない仕事をし、たまに旅行をしたりスノーボードをしたり、昼間っから酒を飲んだり、そんな気楽でマイペースな生活ができたらなぁという思いからでした。

10年以上経って今の状況を考えてみると、まさにその時の自分が求めていた生活を自分ができていることに気付きました。

ここ2年の間働いているITコンサルティングファームの仕事は北米の大企業のクライアント相手の大きなプロジェクトが多く、とてもやりがいがあり面白い仕事であると同時に、過去2年間で10時間程度しか残業をしておらずむしろ定時前に帰れることが多い割にそれなりに高い報酬を得ることができ、比較的自由に休暇も取れ、10年前の自分からすればまさに理想的な仕事なのだと思います。

そして同僚たちもやるべきことはやるがそれ以上はやらず、家族や自分の時間を大事にし、とても有意義で充実した生活を過ごしていると思います。このあたりはいわゆるカナダ的価値観で良しとされているところだと思います。そして僕はそれが好きでこの10年間カナダで過ごしてきたと思っています。

しかし、ここにきてそれが少し物足りなくなってきました。

確かに10年前に求めていたものは今ここに手にしていて、それはとても素晴らしいものだと思っています。

しかし、いつの頃か、

「10年前に求めていたものは今求めているものと違うのではないか」

そう思うようになりました。

また、僕はカナダ生まれでもなくカナダのカレッジを出ているわけでもないため、大きなプロジェクトでマネージメントのポジションに就くことがなかなかできません。会社は勧めてくれてもクライアントが認めてくれなかったりすることもあります。せめて経験があればと思うのですが、その経験を得る機会を得ることがなかなか難しいわけです。

カナダの大学に行くかな・・・。そしてIT Managementを学んでDegreeを取ってみるか。そんなこともちょっと考えていました。

しかしそんなタイミングで、縁があり東南アジアのとある日系企業からIT部門のマネージャーのポジションのオファーをもらいました。

過去の僕の人生におけるいくつかの局面での「直観」について前回の記事で書きましたが、ここでまたそれが働きました。「この仕事をやりたい!」と思いました。

この企業の社内公用語は日本語と英語で、ここ数年は英語だけだったため自分が本来一番得意である日本語が使えず、それって実は物凄くもったいことだなと考えていました。しかしこの仕事では2つの言葉が有効に使えることになります。

そして前回も話したSteve Jobsの”Connecting dots”の話ですが、今回まさに僕がたどってきたそれぞれの点が全てつながることになったのではないかと思っています。

ということで、2月よりバンコクにて新しい仕事を始めることになりました。ITマネジメントの経験を積んでいずれはカナダに戻りますが、しばらくの間さようならカナダ・・・。

アパートの引き払いや車の売却、自分の会社の税務処理、自分自身の税務処理などいろいろやることはまだありますが、残り半月で向こうでは決してできなくなるスノーボードを行けるだけ行きたいと思うので、滑りに行く際はぜひ誘ってください!


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


12 月 29

またまたすっごく久しぶりの更新ですね。。。

今まで、結構自分の「直感」に従って生きてきました。僕は多分たいした能力のない人間だと思うのですが、こんな適当な生き方で(例えばレイオフになって失業手当で遊んで暮らせると喜んだり、仕事が暇だけど有給が残ってないからといって会社を休職して2ヶ月旅に出たり)何とかやってこれているのは、直感に従った結果うまく世の中の流れに乗れている部分があるからなのではないかと思っています。

今回ちょっと皆さんに伝えたい事があり、そのためにこの「直感」についてお話したいと思いました。

第1の直感:

高校3年の時、文系だった僕は普通に大学は文系の学部に進学しようと思っていましたが、「これからはコンピューターだろ」と言う直感が働き、数学の成績がどうしようもなかったため理系への転向は難しく(ていうか勉強も疲れたしw)、コンピュータの専門学校に進学しました。最初はコンピュータグラフィックス(CG)をやりたいとか言っていましたが、全く適性がないことを知りコンピュータプログラミングを専攻しました。

第2の直感:

社会人になって1年がたったとき、当時は商社のシステム部門でWindowsの業務システムの開発に携わっていましたが、「これからはWEBだろ」という直感が働きました。が、上司に相談してもインターネットがやっと普及しだした当時はWEBシステムの開発など新しすぎてやらせてもらえず、それではとWEBの開発を専門にやっていた赤坂のベンチャー企業に転職しました。

第3の直感:

社会人を4年ほど経験した頃、ITの技術文書のほとんどが英語で書かれている事実から、「これからは英語だろ」と言う直感で、そのとき結構がんばって楽しく仕事をしていた会社を辞めてカナダに来ました。まぁ英語の習得以外に好きなスノーボードやってあとは適当にのんびりしたいと言うのもありましたが。ワーキングホリデーという制度を使って来ましたが、一度も働かずにホリデーホリデーで終わりました。

第4の直感:

カナダに来て3日位のとき、「俺はここに住むだろ」という直感が働きました。その後就労ビザを経て永住権を取得しました。

第5の直感:

それから10年、そういう人生の転機となるような直感は現れませんでしたが、今回のアジア旅行でまた感じました。「これからはアジアだろ」とw。これからではなく既にそうなのでしょうが、やっぱりアジアは北米とはエネルギーが違います。アジア面白い!何かアジアでやりたい!と思いました。

ではアジアで何をするか?それは次回また書きます。実はここで今までの直感に従った結果がつながるのです。

スティーブ・ジョブスの”Connecting dots”の話が頭に浮かびます。今やっている無意味に思える一つ一つの事(点:dot)が将来つながるのだ、でもそれはそのときにはわからず後で振り返って始めて気付く。だから将来その点が繋がる事を信じて今やっていることをがんばりましょう、と言うお話です多分。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


5 月 16

前のプロジェクトがキャンセルになり、社内用レジュメをアップデートする機会があったので、レジュメについて書いてみたいと思いました。

時々、カナダで職探しをする際にレジュメの書き方を相談される事があります。そういう人たちの多くはどこかでこんなことを聞いて四苦八苦しているみたいです。

「レジュメは必要最小限な事だけ書きなさい。可能な限り1ページに多くても2ページに収めるようにしなさい。でないと忙しい人事の担当者には見てすらもらえません。」

これはとんでもない嘘ですので信じないように。

僕も長い間その嘘を信じ、資格や学歴、以前働いた会社情報など、必要最小限の情報のみをまとめてがんばって2ページに収めていました。

4年前に永住権を取得して最初の仕事を探していた時にお世話になった人材エージェントの方に、レジュメに関してこういうアドバイスをいただきました。

「あなたのレジュメは最小限の情報しかなく、これではあなたが過去にどんなプロジェクトに携わったのか、どんなスキルを持っているのか、実際に話をしてみるまでわからない。忙しい人事担当者はそんなレジュメは後回しにしてしまうだろう。」

「レジュメには過去の仕事の詳細を可能な限り記載して自分のスキルをアピールしないといけない。ページ数は5ページになっても10ページになってもかまわない。」

このアドバイスに従って当時2ページだったレジュメが7ページになりました(現在はそこからレイアウトなどを工夫して5ページにまとまっています)。アップデートしたとたんに、それまで月に1~2回面接が入ればいい方だった僕に、TelusやらKodak GraphicsやらNokiaやらの名のある企業から立て続けに声がかかるようになり、Nokiaにて12ヶ月の契約のポジションを得る事ができたのです。

こんな記事を2008年の5月24日に書いていて、6月2週目頃からノキアで働き始めたはずなので、レジュメ更新後2週間程度で仕事が決まったということですね。やっぱりレジュメは大事です。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


5 月 05

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。いろいろあって忙しくしていました。

以前から、USで働くことは僕のキャリアゴールの一つだと書いてきましたが、今回、その糸口になりそうなプロジェクトに参加できることになりました。

ワシントン州都オリンピアと言う街での小さなプロジェクトなのですが、こちらで僕のスキルに合ったポジションがみつかり、今までのプロジェクトでの仕事を他のコンサルタントに引き継いで4月初めからこちらのプロジェクトに参加することになりました。

ただ、このプロジェクトは4ヶ月という短期のプロジェクトであるためUSのワークビザは下りず、バンクーバー(オフィスもしくは自宅)からリモートで仕事をすると言う形態です。でもこのプロジェクトで成果を出してUSのプロジェクトマネージャーやチームメンバーにコネクションができることで、USの別の長期のプロジェクトに参加できればワークビザ取得も可能になるだろうと言うことで、今まで参加していた長期の’プロジェクトを去ることにしました。今までのプロジェクトでの仕事も好きだったし期間が残り3年から4ヶ月になってしまうのでリスクがとても高かったのですが、今回は目標のために覚悟を決めてリスクを負うことにしました。

新しいプロジェクトで仕事を開始して3週間経った頃のある日、突然午後からチームミーティングが入りました(ミーティングはリモートで作業しているコンサルタントたちはオンラインでソフトウェアを使ってオフィスのミーティングルームに接続して参加できる仕組みになっています)。プロジェクトに途中参加だった僕はプロジェクトの全容を理解できてまともに仕事ができるようになって来た頃でした。

ミーティングの目的は、プロジェクトがクライアントの判断によりキャンセルされたと言うことを伝えると言うものでした。たった5分のしかもオンラインのミーティングで次の日から仕事がなくなってしまったわけです。もちろん成果報酬を除いたベースの給料は出るので生活には困りませんが、また新しいクライアント&プロジェクトを探さなければなりません。

せっかくリスクを負って決断したのにこんな結果になってしまうとはとても残念でした。でも、リスクを負うと言うことは何かを失う覚悟をすると言うこと、いつもうまく行くわけではないので仕方ない、目標のためにした判断だから後悔しまい、と思うようにしました。

ということで、久々に社内用のレジュメを更新したり、社内のプロジェクトのデータベースを検索して良さそうなポジションがあればアプライして面接したりしていました。今回はクライアントの都合での突然のキャンセルであったため、おそらく会社間で契約キャンセル料的なものが出ているため少しぐらいは大丈夫なはずですが、稼動していない期間があまりに長くなると評価が下がるだけでなくレイオフの対象になってしまうので、この状態だとあまり仕事は選んでいられないのが辛いところです。

幸い、何も成果のでる仕事をしていない期間を1週間程過ごした時、それまで担当していたプロジェクトのPMからぜひ戻ってきて欲しいという嬉しい連絡をいただきました。早速今週から元のプロジェクトに戻って仕事を再開しています。元のチームメンバーからは目標に向かってがんばれよと励まされた直後だったので、戻ってきたことを歓迎してくれましたがちょっとばつが悪かったですw。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


3 月 07

よく周りから、ITコンサルタントって良くわかんないけどどんな職業なの?と聞かれます。

今働いている会社はいわゆるITコンサルティングファームというもので、社員は経営陣や総務などのスタッフを除くと全員がConsultantという同じジョブタイトルを持っています。そういう意味では上下関係がほとんどない、横関係の社会です(例外としてコンサルタントの上級職的な立場でPrincipalと呼ばれる人たちが存在します)。

各コンサルタントたちは担当クライアントを持っており、仕事はそのクライアントのためのプロジェクト単位で行われていきます。複数のプロジェクトに参加するコンサルタントもいれば、1つだけに参加している人もいます。そしてプロジェクト単位で月に2度、自分がどれだけの時間をどのプロジェクトにどのような内容で費やしたかをレポートします。これが自分の報酬・評価につながります。

給与体系は複数あり、自分で選択する事ができます。実際は細かいのですが、簡単に言えば完全年俸制(Salary: 何時間クライアントに請求しようが関係なく一律の給料、請求時間0でも満額)、完全歩合制(Hourly: 報酬は請求時間数に完全比例、請求時間0なら$0)、一定額のベース+歩合制(Base Plus: 僕はこれを選択しています)といった具合です。

自分の担当プロジェクトの状況しだいでクライアントに請求する時間が少ないと、選択している給与体系によっては会社におんぶをしてもらっている形になってしまいます。僕は去年の2月にそういう状態で、1ヶ月間で1時間も請求できませんでした。当時は年俸制を選択していたのでその間も給料は満額でもらえましたが、そういう状態が長く続けば当然レイオフの対象になります。実際、レイオフは頻繁に行われています。その点では厳しい世界です。

こういうシステムであるため、請求時間数を膨らませその辻褄合わせをうまくやる連中が高給取りであり、しかもそういう連中に限ってうまくクライアントに取り入ることができるためクライアントの信用すら得ていると言う残念な側面もあります。

週に37.5時間が標準の就労時間で、これをクリアすれば1日に働く時間に厳しい縛りはありません。1日10時間働いたら次の日は5時間で終わらせてもOKです。残業に関しては、完全歩合制を選んでいる人はがんがん働いて請求時間数を増やす人がいますが、やはりここはカナダなので残業はしない人がほとんどです。僕もほとんどしませんが、必要があってした時は後で休んでバランスを取っています。プロジェクトの選択により仕事量をある程度自分でコントロールできるのがいいです。

次回は僕の仕事の1日について、実際どんな仕事をしているのかを書いてみようと思います。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


2 月 06

昨年を振り返ってみると、良いことも悪いこともいろいろあったけど、比較的安定した年だったように思えます。なぜそう思うか考えてみたら、それは1年を通してフルタイムでちゃんと働いたからかもしれません。

普通ならそんなの当たり前のことかもしれませんが、僕にとってはそんな快挙(?)は何年ぶりだったか・・・振り返ってみたらどうやら2006年以来です。過去3年で2回もレイオフに遭いましたから(苦笑)。

さて、どうやら久しぶりに安定した生活を送っているような感じの僕ですが、今年の目標はそれを覆すことになるかもしれません。

今年の目標は「夢を実現すること」です。

僕が20歳ぐらいの頃から心にずっと持っていて、この10数年の間膨らんできて夢というか人生のゴールと言うかそういう存在になってきたものが2つあります。

1つは、ソフトウェアの本場であるUS(以後アメリカと書きます)にて働くことです。

元々、アメリカへの憧れは学生時代にさかのぼります。19歳の時にきれいなお姉さんの勧誘にフラフラと着いて行ってしまったことから始めることになってしまった英会話学校の影響でアメリカ留学を志すことになりました(wいや、本当にきれいだったんです)。結果的には、諸事情により日本に留まり就職することになり、留学はしませんでした。

その後も、詳しい話は省きますが何度かこのアメリカと言う国は僕の人生の節々に絡まって来て、元々は留学をしたかったのが今はこの国で働いてみたいと言う目標に転換されてきて今に至ります。

2つ目は、世界一周旅行です。

このブログを始めた理由でもある世界一周旅行です(元々はブログのタイトルは今の”カナダ移民生活”ではなく、”世界一周一人旅”でした)。子供の頃から、知らない土地に行き知らない景色を見るのがとても好きでした。それが大人になってから世界を旅していろいろな景色、人、文化をこの目で直接見たいと言う衝動となりました。

カナダで1年間のワーホリを終えた後は、世界一周に1年間行くと言う計画だったのですが、このときも諸事情によりあきらめてしまいました。そしてこのブログを始めた2007年に再度旅行の計画を具体的に立て始めるものの、そのタイミングでカナダの永住権を取得する事になり、旅に出るよりもカナダでの生活を始めることを優先することが自分にとって大切だと思うこととなり旅は先送りにし、現在に至っています。

今年の目標は、この僕の人生にて10数年もやり残してきた2つの夢のうち、どちらか1つを実現することです。

今の会社はアメリカのシアトル(WA州)、オリンピア(WA州)、LA(CA州)、オースティン(TX州)に支社があり、1年以上正社員として働いたことで駐在の形で出向が可能(L1ビザ取得)なので、少し前から出向願いを出して現地でのポジションを探しています。先週にLAで空きポジションが出たため電話面接に至りましたが、残念ながら求められていたスキルの違いでこの仕事に就くことはできませんでした。

会社の人事には長い目で見てもらえればきっと行けるからと言われていますが、この1年数多くの同僚達がレイオフされて来ているしサンフランシスコにある姉妹会社との合併の噂もあるし、また今までもいろいろな事情と言うものが邪魔をして夢の達成を拒んできたし、今年のどこかのタイミングで見切りをつけてもし難しそうであればもう一つの夢である世界一周に旅立つことを決意しました。

最近、Paulo Coelhoの”The Archemist”という本を読みました。オリジナルはポルトガル語ですが各言語に翻訳されています。昔から気になっていた本で、ある時突然読みたくなり、そのまま本屋に行って買って、一気に読み終えました。

その本は羊飼いの少年がエジプトにある宝物を探しに行くと言うものですが、その話を読んで自分の人生に重ねてみました。思えばまだ若い頃は全てがはっきりしていて、何をするにも簡単でした。それが、年を重ねるうちに、Pauloの言う不思議な力が自分の夢を達成することは不可能だ、もしくは自分の人生にとって不利益だと自分に思いこませるように働いてきて、自分が本当にやりたいことをするのを妨げるようになってきたのだと思うのです。

Pauloはその不思議な力を”The world’s greatest lie”と呼んでいますが、今回こそはその”嘘”に負けず夢を達成する、それを今年の目標にします。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


11 月 23

少し前から新しい仕事を探していたのですが、なかなかいい仕事が見つからず、面接を受けるところまでにいたらなかったのですが、最近連絡をくれた会社がなかなか良さそうなところだったので面接を受けてみたところ、とんとん拍子で話が進み、その会社で働くことになりました。

Sierra Systemsという会社なのですが、実はこの会社、ワーホリでカナダに初めてきたときから知っていました。なぜなら、バンクーバーの日本総領事館と同じビルの24-26階にオフィスがあり屋上と表に看板があり、SEだった僕はカナダで仕事を探していたので、「あ、システム系の会社があるなー」と思ったのを記憶しています(会社は実際はITおよびマネージメントのコンサルティングファームです)。

担当するプロジェクトが12ヶ月だったので、きっと12ヶ月のコントラクト(契約)だろうとおもっていたら、パーマネント(正社員)のポジションでした。素晴らしいベネフィットプランが魅力です。

担当するプロジェクトはなかなかタフそうなのでがんばらなければいけないですが、やりがいのある仕事だと思うのでがんばってみようと思います。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


10 月 05

7月8日に新しい仕事を始めたので、今週で3ヶ月になります。

最初は何を言っているかわからなかったボスのアクセントにも慣れ、クライアントさんにも気に入られ(多分)、今のところ順調にこなしていると思います。

3カ月経ったということで、10月8日からベネフィットを受けれるようになりました。これでやっと歯医者に行けます。BC州ではMSPという医療プランがありBC州の住人であれば誰でも加入でき月に$54払えば医療費はただなのですが、薬代や歯の治療、特殊な治療などは保険が適用されません。そのため虫歯の治療は最低でも数百ドルかかります。会社で正社員になれば(会社によっては契約でも)会社の加入しているグループの保険に加入でき、それによりこれらのエキストラの部分もカバーされるようになります。

有給休暇も3ヶ月でもらえるかと思ってましたが、こっちは残念ながら6ヶ月でした・・・。ということで、密かにたくらんでいた秋の日本行きは無理に。まぁ今年はすでに2回帰ってるし、来年帰ればいいかな。

6ヵ月経った時点でレビューがあり、給料の交渉をすることになってます。こなしている仕事の内容やその成果的にはおそらく問題ないので、あとは景気が少しでも良くなっててくれたら交渉できる額も上がるのかなー。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


7 月 25

7月8日(水)に新しい仕事を始めたため、その週の失業手当はどうなるのかと思い、Service Canadaのアカウントをチェックしてみました。

というのは、6日(月)と7日(火)はまだ失業中だったのでその2日はもらえるのかなーとずうずうしくも考えたわけです。

結果は、手当ては週単位で考えるため、その週にフルタイムの仕事を始めた場合はもらえないみたいです。手当の額は$0になってました。

でも、その時に見た情報で興味深いものがありました。

Total Weeks of Regular Entitlement: 28 (支給資格のある週数)
Total Weeks Paid: 17  (すでに支給済みの週数)
End Date of Claim: February 06, 2010 (支給が終わる日)

あれ?ってことはフルタイムの仕事を始めたけど来年の2月6日まではまだ受給資格があるってこと?しかも支給済みが17週間ってことは、日本に行ってて手当てをもらわなかった期間がカウントされてないような・・・。

つまりトータルの28週分手当てをもらい終わるか、申請して1年が経つか(申請したのは今年2月6日)しない限り失業手当の受給資格があるってことっぽいですね。その間、仕事をしたとかしないとか、外国に旅行に行ってたとかはまったく関係なさそうな感じです。(ただし、フルタイムの仕事をしたり、週単位で受給額の40%を超える収入を得ると話は別です)

Service Canadaに確認しないとまだわからないけど、多分、もしまた仕事をやめることになっても2月6日までの期間内であれば、あと11週間は失業手当をもらう資格があるっぽいです。

今の会社は長く続けるつもりなのでまた失業生活に戻るつもりはないけど、情報としては知っておいて良かったと思います。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


7 月 17

先週の水曜に新しい会社での仕事が始まり、かれこれ1週間以上が経ちました。

面接に行ったときは家から20分かからない位で着いたと思ったのですが、朝夕のラッシュアワーは渋滞していて、朝は25分位、帰りは30分位かかってます。トラフィックの方向が逆だから楽だと思っていたのですが、George Massey Tunnel(RichmondとDeltaを繋ぐ海底トンネル)が本来2車線ずつあるのが、ラッシュアワーはトラフィックの多いVancouver方面が3車線になるためDelta方面が1車線になってしまうからです。

新しい会社はいわゆるISP(インターネットサービスプロバイダー)で、ビジネス向けのインターネットの専用回線を提供しています。僕の仕事内容はNokiaのときと同じWeb開発ですが、Nokiaのときは社内システムの開発だけだったから全然カジュアルなかっこだったけど、今回は社外のクライアントになるため少しちゃんとした服装をしています。今日は初めてとあるクライアントに挨拶とシステムのお話をしてきました。

小さな会社ですが皆いい人たちで、うまくやっていけそうな感じです。ノキアのときと違い、マネージャーもテクニカルな部分は僕にほとんど任せてくれます。仕事的にはWeb開発はかれこれ10年以上やっているので全然大丈夫ですが、一つ問題があるとすればランチの問題・・・。

Deltaって街、ほんっとに何にもないんです。会社を少し離れると農場や牧場だらけ。馬とか普通にいるしw。ランチを買える所は会社の周りにはSubwayとQuiznosしかなく、車で2-3分行くとまたサンドイッチのお店があるだけです(つまりどこ行ってもサンドイッチしか食えない)。ちょっと遠いけど車で5-6分行くとTim Horton’sがあります(そしてここもまたサンドイッチ・・・)。

ほぼ毎日サンドイッチ食べてますが、さすがにきつくなって来ました。自分は比較的なんでも平気に食べれる人だと思ってるけど、さすがに毎日同じようなものは厳しいなー。仕方ないから夕飯作った残りでも持ってくかなー。

オフィスをRichmondに移すという噂があるのでそれにかなり期待してます。通勤も圧倒的に楽になるし、なによりランチが楽しみになりそう。Richmondなら色々あるからチャイニーズばっかりできついってことにはならないだろうし。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!