7週間分のEI Benefits(失業保険手当) タックスリファンド、そしてエアマイル
4 月 25

自分もそうですが、周りでもしょっちゅうレイオフの話を聞くほどの不況のカナダ、今の失業率っていったいどれくらいなのでしょう?

4月9日にStatistics Canadaが発表した2009年3月の失業率は、カナダ全土で8.0%、BC州は7.4%です。失業率8%って先進国にしてはかなり高い数字です(G7ではアメリカの8.5%に次いで2番目に高い)。12人に1人が失業していることになります。

ちなみに、日本の2009年3月の失業率は4.6%だそうです(G7では圧倒的に1番低い)。2007年に3.9%まで下がっていたことを考えればかなり上がっているのでしょうが、カナダと比べればだいぶマシです。なのに、日本のほうが悲壮感が漂っていると思えるのは気のせいなのでしょうか?2週間帰っていただけですが、人の話、テレビの話題、どれもとにかく不況というものが強調されていた気がします。

でも確かに、今の自分の失業している状況が日本で起こっていたら、僕もこんなに気楽にいられなかったかもしれません。親の目、親戚の目、近所のおばさん達の目、いわゆる「世間体」ってやつが、ただでさえつらい状況をさらに追い討ちして苦しめるのかもしれません。

そんなもののないカナダだからこんな気楽でいられるのだとしたら、やっぱりここが自分の住む場所なのかななんて思ったりした今日この頃です。あ、でももちろん、失業手当が期限付きなのもわかっているし、楽観ばかりせずちゃんと先のことも計算高く考えてますのでご安心をw


↑いいね(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!