カナダ人はアメリカのワークビザが取りやすい? Nokia、今度こそ本当に辞めることを決めました
1 月 17

最近、バンクーバーのダウンタウンに行くたびに車を停めることができず、ストレスを感じます。

僕がこっちで車に乗るようになったのは4年前。たった4年前の当時と比べても、車の量は圧倒的に増えたと感じています。昔からいる人に聞けば、やはりもっともっと車は少なく、運転によるストレスは全然少なかったそうです。

カナダの人口増加率はG8中トップだそうです。その理由はやはり、移民の受け入れです。

過去5年間でカナダは120万人の移民受け入れをしました(僕もその一人になります)。そして、その移民のうちかなりの数がバンクーバー周辺に移住しているみたいです。

国勢調査によると、カナダの人口は過去5年間で5.4パーセント増に当たる160万人が増加したそうです。(ちなみに日本の同時期の人口増加率はほぼ0パーセント)

そして、カナダは今後も移民受け入れを積極的に行います。また、BC州(おもにバンクーバー周辺)ではオリンピックに向けワークパーミットも大量に発行しています。

オリンピックが終わればバンクーバーは知名度が増し、さらに多くの移民たちがバンクーバー周辺に移住してくると考えられています。10年後にはバンクーバーは500万人都市になっているかもしれません。(現在バンクーバーとその周辺都市全体の人口は200万人程度)

カナダが移民政策を取る以上、人口増加は仕方のないことですが(自分も移民してきたわけだしカナダという国自体がそれで発展しているので)、街がそれにちゃんと対応してくれていないので先が不安になります。フレイザーリバーにかかるファルコンブリッジや、リッチモンドを走る予定のスカイトレインも予算が取れずに工事が停滞しているみたいだし・・・。

やっぱ早いうちに家を買っちゃった方がいいのだろうか・・・。もっと不動産価格下がらないかなぁ・・・。


↑いいね(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!