2001/01 Perth旅行記 1 - Perth市街観光 2001/01 Perth旅行記 3 - Pinnacles
4 月 25

Perth旅行記1の続き。。。

1月15日(日)

デイビッドと出会う

朝はゆっくり起きて、12時ごろホテルを出る。 ホテルを出てすぐ信号待ちをしていたら、スーツ姿の人が声をかけてきた。 やっぱオージーって陽気だなぁ。 でも彼はアイリッシュ系らしい。名前はデイビッド。 せっかくだからランチを一緒に食べることにした。

イタリアン・カフェでブランチ

ホテルから歩いてすぐのところにあるカフェ(名前は知らない)でランチ。 パスタがメインなのでラザニアとペンネを食べた。 おいしかった。そしてもちろん量も多かった。 これで$7(480円)とは。 デイビッドはワーホリで群馬の壽楽(たしか万座だったかな?) でスキーをしながら働いていたこともあったらしい。 デイビッドは「ボスに怒られるから帰るね」といって帰っていった。

パース市街観光

週末はレッドキャットは運行していないらしいので、ブルーキャットでパース市街を周った。 ロンドンコートやハイ・ストリート・モールなどを見た。 西オーストラリア一の大都会の日曜日にもかかわらず、驚いたことに全くごみごみしてなくて快適。 市街地も建物の中もスペースが広くて人がそれほど多くない。ホントに快適。 翌日に予定しているピナクルズへのツアーを探した。 $98(ランチ付)でみつけた。YHAカードがあれば$93になるけど 俺はYHAカードを忘れてしまったのでランチなしの$90で申し込んだ。

Casino(2回目)

このカジノに夕食がかかっている。 気合を入れて昼間っからカジノに行った。 昨日は夜だったのでそれなりの格好していったんだけど、 今日はアロハシャツにショートパンツ、サンダルという格好だった。 $100を投入し、一時期$150位までいったものの、最終的には$0になった。 昨日と合計で$150負けた。くやしいー。

Terned and Tender Stake House

カジノで負けたので高級レストランでの食事はなし。 昨日行き損ねたTerned and Tenderに再び行く。 0.5キログラムのTボーンステーキを食べた。 彼女はポークリブかなんかを食べてた。 肉だけでお腹一杯なのに、山盛りのチップス(フライドポテト)、さらにサラダバーまで付く。 このおいしさ、このボリュームでで$25(1700円)は安すぎ。 オージービーフの感想は、思ったよりも柔らかくておいしかった。 店の人に「TNTって何の略?」と聞いたら、 「Turn’N'Tender」 の略とのこと。

リー再び

ステーキで至福の状態で、また怪しげな人に声をかけられた。リーだった。 今度はもう一人と一匹(犬)も一緒。 もう一人はショーンでもう一匹はキム。 韓国で生まれたから韓国の名前をつけたらしい。 ショーンは旅好きでいろんな国を回ったことがあるみたい。 Tボーンを食べたって言ったら、Tボーンは骨で2つに分かれて、 片方は「フィレ」でもう片方は「ポートライト?」になっている と言うことを教えてくれた。次からはそのありがたみを理解して食べることにする。 5分くらい会話をして握手をして別れた。(※ちなみに彼らがたむろしていたのは「ゲイ・アンド・レズビアン・バー」の前だった)

3 に続く。。。


↑いいね(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!