2007/03 Las Vegas 4 肉再び - プライムリブ編 2001/01 Perth旅行記 2 - Perth市街観光
4 月 25

HISの市内観光 - カプチーノ・ストリートのミス・モードでランチ

バフェで飲み物もデザートも食べ放題。 ・・・でも・・・まずいぞ・・・食べ物もケーキもアイスも。 特にケーキ、甘すぎる!! でもなぜかお店は繁盛している様子でした。うーん。

HISの市内観光終了

市中引きずりまわしは終了。 希望者はバスでホテルまで連れていってくれるとの事だったけど、 フリマントルに残ってフリーマーケットで買い物。 $15のサングラスを値切って$13で購入。

オレンジ・キャットでフリマントル市街一周

オレンジ・キャットは公共のバスで、なんと無料!!。 パースにもレッド・キャット、ブルー・キャットがあってこれらも無料。 素晴らしいですねこの街は。

電車でパースに戻る

フリマントル駅からパース駅へ。料金は$2.7。 切符の自販機があるんだけど・・・ホームの中じゃん、これ。買わなくても乗れちゃうぞ。 でもみんなちゃんと切符買ってる。偉いぞ、オージー(あたりまえか)。 車両は真ん中に通路があって、両脇に2人乗りのシートが並んでいた。 でも2人分空いてるところがなかったので彼女を座らせて俺は立っていようとしたら、 ティーンエイジャーの青年が「替わるよ、俺向こう座るから」と言ってくれた。 若いのになんて気が利いていいやつなんだ。

夕食 「Tum’s Tender Stake House」を目指したが・・・

とりあえずオージービーフが食いたかった。 「地元で人気のステーキハウス」ということだったので タクシーなら確実だろうと思って聞いてみたが、知らないらしい。 知ってる情報をいろいろ言ってみたらわかったらしく、店の前で降りた。 その店は確かにステーキハウスなんだけど「TNT」という店だった。 やられたーと思いつつ、おろおろしていたら近くの怪しげな人が 話し掛けてきたので聞いてみた。 彼によればこの店でいいらしい。「うーん、名前違うけど」と思いつつ 入ってみたらラストオーダーは終了していました。ガーン。(※実際はお店の名前は「Tum’s」ではなく「Turn’n」だった。”r”と”n”がくっついてて”m”に見えてた。)

「ケバブ」を食う

仕方がないのでさっきの怪しげな人に「肉食いたいんだけどどっか知らない?」って聞いて 教えてもらったのは、「Blue なんとか」っていうハンバーガーショップみたいなとこ。 ハンバーガーと「ケバブ」なる物を食べた。おいしかった。しかもボリュームたっぷり。 ありがとう、リー(さっきの怪しい人)

リー再登場

おなかがいっぱいになったところで、初日からカジノに行くことになった。 タクシーを拾おうということでストリートを歩いていたら前から声をかけられた。 リーだった。「おいしかったよ、サンキュー」っていっといた。 それにしてもよく顔覚えてたなー。アジア系がこんなにたくさんいる街で。俺はすでに忘れてた。

「カスィーノゥ」(Casino)

タクシーを拾ってカジノへ。 今回のタクシーのうんちゃんは陽気で、運転中に後ろ向いて話し掛けてくるわ、 赤信号無視するわ、ハンドルはなして運転するわの凄い人だった。 カジノでは最初尻込みして見てるだけでスロットマシーンで$10くらいすり、 しばらくたって参加の仕方を教えてもらってブラックジャックをやった。 この日は雰囲気を楽しんだだけで終わった。次は大勝ちするぞ。

タクシーでホテルへ

帰りのタクシーのうんちゃんも凄かった。 なんと、 運転しながら携帯で電話してやがる。 1分位たって目的地を聞いた後、 また楽しそうに会話を続けやがった。 うーん、まぁ事故起こさないでくれればいいんだけどね。交通量少ないし、まぁいいか。 そのあと話を聞くと、このうんちゃんはカジノによく行くらしく、よく負けるとの事だった。 どのゲームもディーラーが有利だけど確率的には「バカラ」が一番勝ちやすいらしい。 勉強になった。

2 に続く。。。


↑いいね(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


One Response to “2001/01 Perth旅行記 1 - Perth市街観光”

  1. 1. しん Says:

    6年前の自分も肉とギャンブルを求めていたとは、我ながら脱帽。