今年もヨガフェスタ - YOGA fest YOKOHAMA 2007 7月の広告報酬:14,337円
8 月 06

2週間ほど前に8月3日~5日のシアトル・マリナーズVSボストン・レッドソックスの3連戦があると知り、登板日を計算すると4日に松坂が投げる可能性が高いと言う事で、その日に合わせて予定を立て、ついに昨日観に行ってきました。

振り返るとシアトルにはいろいろな思い出があります。

初めて行ったのは、2004年の1月。ただし観光ではなく、成田からバンクーバーへのフライトの経由地で、シアトルからバンクーバーへのフライトがキャンセルされてしまい空港で16時間も1人で空席待ちをさせられました。この時は空港に釘付け状態だったので一歩も外に出てません。

2回目は2004年7月、ワークパーミット(カナダで働くための許可証)を申請するために、会社に指示されたその日の夕方に(すぐにでもワークが欲しかったので)グレイハウンドに乗ってシアトルへ行き、モーテルに泊まり、翌日シアトルのカナダ大使館に朝一で行きました。この時も待ち時間や審査官との面接などで一日がつぶれてしまい、観光らしい観光は何もできませんでした。

3回目は2004年10月、忘れもしないイチローがシーズン最多安打を262本に更新した日です。257本を破る試合も見れたら良かったのですが、いつ破るかがわからないので最終的な記録更新となる可能性の高い最終日を選びました。この時は1泊で行ったので、スターバックス1号店やパブリックマーケットやその他、初めて観光らしい観光ができました。

その後は車を手に入れたのとカナダドルが強くなりUSでの買い物がお得になったのでさらに頻繁に行くようになりました。多分今回で10回目位になると思います。

さて話を野球に戻しましょう。

試合開始は7:05、シアトルダウンタウンのハイウェイ出口を降りたのは6:50。超ギリギリです。しかもボールパーク周辺は大渋滞。とにかく最初に見つけたイベントパーキングに$25は高いなぁと思いつつ時間の方が大事なので迷わず停めます。

予約しておいたチケットをピックアップし、セーフコ・フィールドに入れたのは7:15頃。試合はすでに始まっていましたが、1回表1アウトでレッドソックスの攻撃だったのでまぁ良しとしましょう。Alaskan Paleというビールとセーフコ名物のガーリックフライを買って席に向かいます。

イチローと松坂、どちらを応援するかと言うのは難しいところですが、僕はマリナーズファンなのでチームとしてはマリナーズの応援、少し松坂を個人的に応援と言うスタンスで行きました。

この日、松坂は絶好調。初回から95マイル前後のファストボールで押して行きます。対するイチローはまったく手が出ず、この日5打数ノーヒット(対松坂は4打数)。

ボールパークの雰囲気がいつもと違うのはすぐにわかりました。日本からのファンがたくさんいたのは予想していたけど、思いもよらなかったのはレッドソックスのファンが多数いた事。球場を見回せばOrtizやらRamirezやらMatsuzakaやらの赤いシャツを着た人たちが結構いるんです。セーフコ・フィールドで観戦するのは今回で5度目ぐらいですが、相手チームの声援がこれほど多かったのは初めてでした。彼らはシアトルに住んでるボストンファンなのでしょうか?まさかわざわざボストンから??マリナーズがピンチのとき等に起こった “Let’s go Red Sox!!!” コールは今までに経験した事がなかった事なのでちょっとウザかったです(笑)。

それでもやはり観客の大部分はシアトルファン。ここぞというところではボストンファンの声を掻き消して大声援で盛り上げていきます。一番の盛り上がりを見せたのは9回裏、1点を追うマリナーズが2アウト1・2塁、打席に最近当たっているAdrean Beltreとなったときでしょうか?しかし結果はベルトレが初球を内野フライであっけなくゲームセット。盛り上がりが一気に落胆です。

時々いるレッドソックスファンが浮かれている中、マリナーズファンは皆しょんぼりして帰っていきました。下を向いてしょげて歩くRichie Sexon(最近不調でこの日出番なし)のシャツを着た子供を励ますお父さんの姿が印象的でした。

この日、松坂は7回を2失点(ソロホームラン2つ)・10奪三振と絶好調でした。この調子で残り10登板をがんばれば20勝もありえない話ではなさそうですね。がんばって欲しいです。

そしてマリナーズは首位エンジェルズと2.5ゲーム差で2位。ワイルドカードでは1位になっています。6年ぶりのプレイオフ進出に期待!


↑いいね(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!