1 月 16

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

2001年に初めてカナダに来て、途中でビザの関係などで日本に戻った期間を除くとかれこれ9年程カナダに住みました。大人(20歳ぐらい?)になってからの時間はすでに全然カナダのほうが長くなっていることになります。

12年前、とあるITベンチャー企業にてソフトウェア開発の仕事をしていた僕は、楽しく有意義に仕事をしていた反面、疲れ果てていました。月100時間を超える残業、頑張れば頑張るほどより一層与えられる仕事、あまり社交的ではなかった自分は人間関係もうまく築けない局面もあり・・・。カナダという国に来たのはのんびりあまりハードでない仕事をし、たまに旅行をしたりスノーボードをしたり、昼間っから酒を飲んだり、そんな気楽でマイペースな生活ができたらなぁという思いからでした。

10年以上経って今の状況を考えてみると、まさにその時の自分が求めていた生活を自分ができていることに気付きました。

ここ2年の間働いているITコンサルティングファームの仕事は北米の大企業のクライアント相手の大きなプロジェクトが多く、とてもやりがいがあり面白い仕事であると同時に、過去2年間で10時間程度しか残業をしておらずむしろ定時前に帰れることが多い割にそれなりに高い報酬を得ることができ、比較的自由に休暇も取れ、10年前の自分からすればまさに理想的な仕事なのだと思います。

そして同僚たちもやるべきことはやるがそれ以上はやらず、家族や自分の時間を大事にし、とても有意義で充実した生活を過ごしていると思います。このあたりはいわゆるカナダ的価値観で良しとされているところだと思います。そして僕はそれが好きでこの10年間カナダで過ごしてきたと思っています。

しかし、ここにきてそれが少し物足りなくなってきました。

確かに10年前に求めていたものは今ここに手にしていて、それはとても素晴らしいものだと思っています。

しかし、いつの頃か、

「10年前に求めていたものは今求めているものと違うのではないか」

そう思うようになりました。

また、僕はカナダ生まれでもなくカナダのカレッジを出ているわけでもないため、大きなプロジェクトでマネージメントのポジションに就くことがなかなかできません。会社は勧めてくれてもクライアントが認めてくれなかったりすることもあります。せめて経験があればと思うのですが、その経験を得る機会を得ることがなかなか難しいわけです。

カナダの大学に行くかな・・・。そしてIT Managementを学んでDegreeを取ってみるか。そんなこともちょっと考えていました。

しかしそんなタイミングで、縁があり東南アジアのとある日系企業からIT部門のマネージャーのポジションのオファーをもらいました。

過去の僕の人生におけるいくつかの局面での「直観」について前回の記事で書きましたが、ここでまたそれが働きました。「この仕事をやりたい!」と思いました。

この企業の社内公用語は日本語と英語で、ここ数年は英語だけだったため自分が本来一番得意である日本語が使えず、それって実は物凄くもったいことだなと考えていました。しかしこの仕事では2つの言葉が有効に使えることになります。

そして前回も話したSteve Jobsの”Connecting dots”の話ですが、今回まさに僕がたどってきたそれぞれの点が全てつながることになったのではないかと思っています。

ということで、2月よりバンコクにて新しい仕事を始めることになりました。ITマネジメントの経験を積んでいずれはカナダに戻りますが、しばらくの間さようならカナダ・・・。

アパートの引き払いや車の売却、自分の会社の税務処理、自分自身の税務処理などいろいろやることはまだありますが、残り半月で向こうでは決してできなくなるスノーボードを行けるだけ行きたいと思うので、滑りに行く際はぜひ誘ってください!


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


12 月 29

またまたすっごく久しぶりの更新ですね。。。

今まで、結構自分の「直感」に従って生きてきました。僕は多分たいした能力のない人間だと思うのですが、こんな適当な生き方で(例えばレイオフになって失業手当で遊んで暮らせると喜んだり、仕事が暇だけど有給が残ってないからといって会社を休職して2ヶ月旅に出たり)何とかやってこれているのは、直感に従った結果うまく世の中の流れに乗れている部分があるからなのではないかと思っています。

今回ちょっと皆さんに伝えたい事があり、そのためにこの「直感」についてお話したいと思いました。

第1の直感:

高校3年の時、文系だった僕は普通に大学は文系の学部に進学しようと思っていましたが、「これからはコンピューターだろ」と言う直感が働き、数学の成績がどうしようもなかったため理系への転向は難しく(ていうか勉強も疲れたしw)、コンピュータの専門学校に進学しました。最初はコンピュータグラフィックス(CG)をやりたいとか言っていましたが、全く適性がないことを知りコンピュータプログラミングを専攻しました。

第2の直感:

社会人になって1年がたったとき、当時は商社のシステム部門でWindowsの業務システムの開発に携わっていましたが、「これからはWEBだろ」という直感が働きました。が、上司に相談してもインターネットがやっと普及しだした当時はWEBシステムの開発など新しすぎてやらせてもらえず、それではとWEBの開発を専門にやっていた赤坂のベンチャー企業に転職しました。

第3の直感:

社会人を4年ほど経験した頃、ITの技術文書のほとんどが英語で書かれている事実から、「これからは英語だろ」と言う直感で、そのとき結構がんばって楽しく仕事をしていた会社を辞めてカナダに来ました。まぁ英語の習得以外に好きなスノーボードやってあとは適当にのんびりしたいと言うのもありましたが。ワーキングホリデーという制度を使って来ましたが、一度も働かずにホリデーホリデーで終わりました。

第4の直感:

カナダに来て3日位のとき、「俺はここに住むだろ」という直感が働きました。その後就労ビザを経て永住権を取得しました。

第5の直感:

それから10年、そういう人生の転機となるような直感は現れませんでしたが、今回のアジア旅行でまた感じました。「これからはアジアだろ」とw。これからではなく既にそうなのでしょうが、やっぱりアジアは北米とはエネルギーが違います。アジア面白い!何かアジアでやりたい!と思いました。

ではアジアで何をするか?それは次回また書きます。実はここで今までの直感に従った結果がつながるのです。

スティーブ・ジョブスの”Connecting dots”の話が頭に浮かびます。今やっている無意味に思える一つ一つの事(点:dot)が将来つながるのだ、でもそれはそのときにはわからず後で振り返って始めて気付く。だから将来その点が繋がる事を信じて今やっていることをがんばりましょう、と言うお話です多分。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


5 月 27

日本で重度の花粉症だった僕ですが、カナダに来た当初、花粉症の症状が全くなくなり、その苦しみから完全に解放されてなんて良い所だと思っていました。

しかし、4-5年前から春頃になると鼻のむずむず感が出始め、去年くらいにはそれが明らかに花粉症の症状だと認識できるようになり、今年は日本にいたとき程ではないにしてもかなりの症状に発達してきました。

どうやら花粉の種類が違うために最初はなんともなくても、それが徐々に蓄積されていずれ発症してくるということみたいです。来年頃には日本にいたときと同じくらいになってしまうのだろうか・・・。

誰かこっちの花粉の良い対策を知っている人、いたら教えてください。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


5 月 16

前のプロジェクトがキャンセルになり、社内用レジュメをアップデートする機会があったので、レジュメについて書いてみたいと思いました。

時々、カナダで職探しをする際にレジュメの書き方を相談される事があります。そういう人たちの多くはどこかでこんなことを聞いて四苦八苦しているみたいです。

「レジュメは必要最小限な事だけ書きなさい。可能な限り1ページに多くても2ページに収めるようにしなさい。でないと忙しい人事の担当者には見てすらもらえません。」

これはとんでもない嘘ですので信じないように。

僕も長い間その嘘を信じ、資格や学歴、以前働いた会社情報など、必要最小限の情報のみをまとめてがんばって2ページに収めていました。

4年前に永住権を取得して最初の仕事を探していた時にお世話になった人材エージェントの方に、レジュメに関してこういうアドバイスをいただきました。

「あなたのレジュメは最小限の情報しかなく、これではあなたが過去にどんなプロジェクトに携わったのか、どんなスキルを持っているのか、実際に話をしてみるまでわからない。忙しい人事担当者はそんなレジュメは後回しにしてしまうだろう。」

「レジュメには過去の仕事の詳細を可能な限り記載して自分のスキルをアピールしないといけない。ページ数は5ページになっても10ページになってもかまわない。」

このアドバイスに従って当時2ページだったレジュメが7ページになりました(現在はそこからレイアウトなどを工夫して5ページにまとまっています)。アップデートしたとたんに、それまで月に1~2回面接が入ればいい方だった僕に、TelusやらKodak GraphicsやらNokiaやらの名のある企業から立て続けに声がかかるようになり、Nokiaにて12ヶ月の契約のポジションを得る事ができたのです。

こんな記事を2008年の5月24日に書いていて、6月2週目頃からノキアで働き始めたはずなので、レジュメ更新後2週間程度で仕事が決まったということですね。やっぱりレジュメは大事です。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


5 月 05

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。いろいろあって忙しくしていました。

以前から、USで働くことは僕のキャリアゴールの一つだと書いてきましたが、今回、その糸口になりそうなプロジェクトに参加できることになりました。

ワシントン州都オリンピアと言う街での小さなプロジェクトなのですが、こちらで僕のスキルに合ったポジションがみつかり、今までのプロジェクトでの仕事を他のコンサルタントに引き継いで4月初めからこちらのプロジェクトに参加することになりました。

ただ、このプロジェクトは4ヶ月という短期のプロジェクトであるためUSのワークビザは下りず、バンクーバー(オフィスもしくは自宅)からリモートで仕事をすると言う形態です。でもこのプロジェクトで成果を出してUSのプロジェクトマネージャーやチームメンバーにコネクションができることで、USの別の長期のプロジェクトに参加できればワークビザ取得も可能になるだろうと言うことで、今まで参加していた長期の’プロジェクトを去ることにしました。今までのプロジェクトでの仕事も好きだったし期間が残り3年から4ヶ月になってしまうのでリスクがとても高かったのですが、今回は目標のために覚悟を決めてリスクを負うことにしました。

新しいプロジェクトで仕事を開始して3週間経った頃のある日、突然午後からチームミーティングが入りました(ミーティングはリモートで作業しているコンサルタントたちはオンラインでソフトウェアを使ってオフィスのミーティングルームに接続して参加できる仕組みになっています)。プロジェクトに途中参加だった僕はプロジェクトの全容を理解できてまともに仕事ができるようになって来た頃でした。

ミーティングの目的は、プロジェクトがクライアントの判断によりキャンセルされたと言うことを伝えると言うものでした。たった5分のしかもオンラインのミーティングで次の日から仕事がなくなってしまったわけです。もちろん成果報酬を除いたベースの給料は出るので生活には困りませんが、また新しいクライアント&プロジェクトを探さなければなりません。

せっかくリスクを負って決断したのにこんな結果になってしまうとはとても残念でした。でも、リスクを負うと言うことは何かを失う覚悟をすると言うこと、いつもうまく行くわけではないので仕方ない、目標のためにした判断だから後悔しまい、と思うようにしました。

ということで、久々に社内用のレジュメを更新したり、社内のプロジェクトのデータベースを検索して良さそうなポジションがあればアプライして面接したりしていました。今回はクライアントの都合での突然のキャンセルであったため、おそらく会社間で契約キャンセル料的なものが出ているため少しぐらいは大丈夫なはずですが、稼動していない期間があまりに長くなると評価が下がるだけでなくレイオフの対象になってしまうので、この状態だとあまり仕事は選んでいられないのが辛いところです。

幸い、何も成果のでる仕事をしていない期間を1週間程過ごした時、それまで担当していたプロジェクトのPMからぜひ戻ってきて欲しいという嬉しい連絡をいただきました。早速今週から元のプロジェクトに戻って仕事を再開しています。元のチームメンバーからは目標に向かってがんばれよと励まされた直後だったので、戻ってきたことを歓迎してくれましたがちょっとばつが悪かったですw。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


3 月 10

高校を休学して世界を放浪している旅人のブログを読みました。

僕は高校2年になるころには自分の受検勉強への適性のなさを悟り(全くやらなかったのではなくがんばってみたのですがダメでした)、大学進学をあきらめ、しかし進学校と呼ばれる高校に通っていたために学校でやることもなく、授業サボってバイトしたりゲーセンで遊んだり、学校には卒業するため出席取りに行って寝るだけのような、あまり有意義とは言えない時間をすごしていた時期があります。

でもそこで、大学受験しないならしないなりに、もう少し有意義な高校生活を送る事もできたのだろうなと、このブログを読んで思いました。(もちろん、当時の一見どうしようもない生活の中にもきっと今の自分を作るという意義はあったはずではあるのですが)

一部、彼のブログから彼の言葉を引用させていただきます。

“この歳では今頃就職か進学かを悩む歳やと思う。でも俺は、ガーナに行くかナイジェリアに行くか悩んでる。”

“決められたレールなんてないと思う。正しい生き方なんてないと思う。”

”欲しがるばかりじゃ心は満たないとゆうこと。与え分かち合い信じ理解する大切さ。旅に出ないと気づかなかった。”

”出会いがあって別れがあるからまた新たな出会いがあるとゆうこと”

”話は長くなったけど、俺は俺!自由に生きてるだけ!今を生きてるだけ。どんな悩みも痛みも取り除ける人間に俺はなる!!”

世界を旅している人はたくさんいるけど、17歳の彼にしか見えないものがきっとあるはず。この先のブログの更新を楽しみにしています。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


3 月 07

よく周りから、ITコンサルタントって良くわかんないけどどんな職業なの?と聞かれます。

今働いている会社はいわゆるITコンサルティングファームというもので、社員は経営陣や総務などのスタッフを除くと全員がConsultantという同じジョブタイトルを持っています。そういう意味では上下関係がほとんどない、横関係の社会です(例外としてコンサルタントの上級職的な立場でPrincipalと呼ばれる人たちが存在します)。

各コンサルタントたちは担当クライアントを持っており、仕事はそのクライアントのためのプロジェクト単位で行われていきます。複数のプロジェクトに参加するコンサルタントもいれば、1つだけに参加している人もいます。そしてプロジェクト単位で月に2度、自分がどれだけの時間をどのプロジェクトにどのような内容で費やしたかをレポートします。これが自分の報酬・評価につながります。

給与体系は複数あり、自分で選択する事ができます。実際は細かいのですが、簡単に言えば完全年俸制(Salary: 何時間クライアントに請求しようが関係なく一律の給料、請求時間0でも満額)、完全歩合制(Hourly: 報酬は請求時間数に完全比例、請求時間0なら$0)、一定額のベース+歩合制(Base Plus: 僕はこれを選択しています)といった具合です。

自分の担当プロジェクトの状況しだいでクライアントに請求する時間が少ないと、選択している給与体系によっては会社におんぶをしてもらっている形になってしまいます。僕は去年の2月にそういう状態で、1ヶ月間で1時間も請求できませんでした。当時は年俸制を選択していたのでその間も給料は満額でもらえましたが、そういう状態が長く続けば当然レイオフの対象になります。実際、レイオフは頻繁に行われています。その点では厳しい世界です。

こういうシステムであるため、請求時間数を膨らませその辻褄合わせをうまくやる連中が高給取りであり、しかもそういう連中に限ってうまくクライアントに取り入ることができるためクライアントの信用すら得ていると言う残念な側面もあります。

週に37.5時間が標準の就労時間で、これをクリアすれば1日に働く時間に厳しい縛りはありません。1日10時間働いたら次の日は5時間で終わらせてもOKです。残業に関しては、完全歩合制を選んでいる人はがんがん働いて請求時間数を増やす人がいますが、やはりここはカナダなので残業はしない人がほとんどです。僕もほとんどしませんが、必要があってした時は後で休んでバランスを取っています。プロジェクトの選択により仕事量をある程度自分でコントロールできるのがいいです。

次回は僕の仕事の1日について、実際どんな仕事をしているのかを書いてみようと思います。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


3 月 02

パーティーか何かで飲んでたときに友達とオーロラの話になり、”行く”って実は軽いノリで言ったのですがw、この数日の間であっという間に話が進み、なんと来週末から本当に行くことになりました。

オーロラ(Aurora / Northern Lights)といえば、以前こんなことを書いたように、昔からの目標の一つでした。カナダに来て早10年が経ってなお、未だに行けていないとは・・・。(ちなみにグランドキャニオンはすでに2度行きました。あとはエジプトのピラミッド・・・。)

オーロラの出現頻度には太陽の黒点と密接な関係があり、それにはサイクルがあるらしく、どうやら今年が最盛期になるのだそうです。それもあってか(燃油サーチャージももちろんですが)航空券が高い高い・・・。たった3時間の国内のフライトなのに、普通に$1,000位してしまいます(行くメンバー全員の休みを合わせるため安い日程を選べなかったと言うのもあります)。

それにプラスして普通はオーロラツアー的なものに参加するのですが、これがイエローナイフのものでそれなりのホテル(と言っても多分しょぼい)に泊まるとなると税込み$800位してしまうため、合計$1,800にもなってしまい最初は予算オーバーで難しいかなと思っていました。っていうか3泊のショートトリップで$1,800は高い・・・。

しかし、いろいろ調べてみたら自分でホテルを取って現地でオーロラ鑑賞に参加すればだいぶ費用を浮かせる事ができる事が分かりました。そして、この極北の地では外食してもおいしいものを食べれるはずもなく(でもカリブーの肉とかあるならちょっと食べてみたいかな)、そして明らかに高いので、ストーブ(コンロ)とオーブンの付いたスイートに泊まることにしました。

さらに、レンタカーを借りて自分達でオーロラ鑑賞をすればさらに費用は浮き、現地での費用は$400程度に抑える事ができました。そしてレンタカーを借りておけば昼間も凍結した湖を回ったりなど、いろいろ観光ができそうです。ただし、極北の夜のドライブはトラブル一つで命を落としかねないため、あらかじめいろいろなことをリサーチ・準備しておく必要があります。

今回の費用の内訳を記載しておきます(全て税込み)。もし同じような感じでオーロラを見に行くなんて人がいた場合の参考になればと思います。

航空券:$990 ※West Jetのサイトで直接予約
ホテル:$168 x 3日(1人当たり$168) ※フルキッチン付きの部屋なので基本自炊で
レンタカー:$74 x 3日(1人当たり$74) ※車両保険はクレジットカード付帯のものを使用
ガソリン:$90(1人当たり$30) ※ガスは多分高いので多めに見積もり
オーロラ鑑賞ツアー1日($126) ※一晩だけはツアーに参加してみることにしました
防寒着レンタル1日($47) ※オーロラ鑑賞の時だけ借ります

合計$1,435

航空券がこんなに高い時でなければトータル$1,000ちょい程度で済んだのでしょうか・・・。でも、行きたいと思った時に行かなければきっとずっと行かないし、今年は当たり年らしいし、楽しみにしています。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


2 月 14

第3位:刺身盛り合わせ

以前住んでいたMarpoleというエリアにあったジャパレスに行った時のお話です。アパタイザー刺身盛り合わせというものがとても安かったので頼みました。しばらくたって刺身らしきものが運ばれてきます。カナダらしい大きなカットで6切れ。びんちょうまぐろ、キングサーモン、ハマチ、お、ハマチの刺身とは気が利いてるじゃないですか。

残りの3切れは、サバ・・・これはシメサバですね・・・刺身じゃないけどま、いっか。あとは、タコ・・・。・・・。・・・これは明らかに茹でてありますね・・・。そして最後はエビ!甘エビは大好きです。・・・。・・・。・・・でもこれも茹でてしかも半分に切ってある。・・・っていうかこれ、すしネタの茹でエビじゃん・・・。

刺身と言うのは寿司の米がないバージョンっていうイメージなのでしょうねw。

第2位:鳥のから揚げ

これは結構最近の出来事です。Kingswayにある、安くて有名な寿司食べ放題の店に行ったのですが行列が凄く、あきらめて別の店を探していて、すぐ近くにここは日本人経営かも?と思うネーミング(名前は忘れました)のジャパレスがあったので入ってみました。(実際は全員韓国人でした)

いくつかの料理と僕の大好物である鳥のから揚げをたのみました。しばらくして、なぜかたこ焼きが来ました。こんなの頼んでないよっていうと、”You ordered Chicken Karaage, right?”と言うのです。ああ、またやっちまったなと思いました・・・w。

見た目は明らかにたこ焼きなんです。丸くて、ソースとマヨがかかっててかつお節もかかってる・・・。まぁでも中はチキンなんだろうと思い、パクっといきました。・・・うーん、パサパサでおいしくない。チキンナゲットみたいな鳥の胸肉をばらばらにして固めたみたいな感じ。何でそんな余計なことをするのだろう・・・(ちなみにカナダでは胸肉はもも肉より圧倒的に高いです)・・・。何を思ってこの食べ物を鳥のから揚げとして出しているのか不思議でならなかったです・・・。

長くなってしまったので第1位は次回!コイツは本当に強烈でした!


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!


2 月 10

海外で日本食レストランに行くと、いろいろな日本食らしからぬ食べ物に遭遇します。過去に遭遇した強烈なもの5つを紹介します。

第5位:味噌ラーメン

ワーホリで来てしばらく経った頃、無性にラーメンが食べたくなり、近所にあったジャパレスのメニューにラーメンがあったので頼んでみました。現在のバンクーバーのようにラーメン屋がたくさんなかった時代の話です(知ってる限りでは今は亡きえぞぎくと、今も人気の金太郎だけ)。

しょうゆと味噌があったけど、味噌の方がはずれはないかなと思い味噌を選択。

結果は・・・。まず、麺が白くて常識を超えた極太なんです。・・・これってもしかしてうどんですか???そしてスープは・・・確かに味噌なんだけど、これはひょっとして味噌汁ですか???w

味噌ラーメンならぬ味噌汁うどんでした。そして言うまでもなくしょうゆの方がどんなだったのかを確かめる気にはなれませんでしたw。

第4位:湯豆腐

凄く寒い日に日本食レストランに入って、何か暖かいものをと思い湯豆腐を頼みました。

しばらくして、なぜか小さな器に入ったスープのようなものが来ました。何かと思って味を見てみると、天つゆでした。そのあと、なぜか冷たい豆腐が来ました。

オーダー全然間違ってるじゃんと思い、それを伝えると、どうやらこれが湯豆腐なのだそうです。豆腐を暖かいスープ(天つゆ)につけて食べるがスタイルなのだそうです・・・。

冷たい豆腐を暖かい天つゆにつけて食べていると天つゆもだんだんと冷たくなっていき、結局全然体を暖める事はできませんでした・・・w。

第3位以降は次回に続く・・・。


↑イイネ(Like)ボタンのクリックにご協力お願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へ  
ブログランキングに参加しています。1日1回↑のボタンクリックにご協力ください!